訪問看護・リハの魅力とは?

湘南慶育訪問看護ステーションで、実際に働く職員が語る「訪問看護・リハの魅力」とは?
職員の皆さんの生の声を、ご紹介します。

訪問看護師 松尾 和歌子 ご利用者の生活が改善していく過程を感じることができます。

開閉

訪問看護師になった理由は?

出産後に子育てをしながら夜勤なしで働ける職場を探していた所「訪問看護」という制度がある事を知り始めました。

訪問看護のやりがいは?

ご利用者やご家族とゆっくり関われる事です。来るのを楽しみに待ってくださる方もおり自分の方が元気を頂いております。

ご利用者とのエピソードは?

認知症の奥様の介護をしているご主人が、訪問日ではない日の受診の帰りにステーションに会いにきてくれたことがありました。ご利用者やご家族の笑顔が忘れられません。

訪問看護師の特徴は?

ご利用者それぞれの日常生活に合わせて看護を提供していく事です。ご利用者自身の目標も違いますし置かれている環境も様々なので柔軟に対応する必要があります。

一人の訪問でご利用者の自宅に訪問することは大変ですか?

大変でないと言ったらウソになりますね…。緊張感は在宅特有のものがあります。しかし今までの経験を生かしご利用者の生活が改善していく過程を感じる事ができます。決して大変な事ばかりではないですよ。

特別な教育や知識、技術は必要ですか?

必要ありません。看護師であれば訪問看護はできます。スタッフが同行し指導しながら対応しています。

医師との連携はどのように行いますか?

電話連絡やカナミックを使用して連携を図っています。今後ICTネットワークを利用した連携方法も計画されています。

訪問看護を目指す看護師に期待することは?

看護師である前に人として社会人として常に成長していける人間であること。ご利用者だけでなく、自分の家族や職場の同僚とも良好な関係を築いて欲しいと思います。まず、自分が心身共に健康であること。

理学療法士 堀 雄助 ご利用者やご家族とより深い信頼関係が構築できます。

開閉

訪問理学療法士になった理由は?

病院でのリハビリが終了し自宅退院した後も思うような生活ができずに困っている方が多くいることを知りました。また生活の場に入ることでより密な関係を築き少しでもそのご利用者にとってより良い生活を送ってほしいと考えました。

訪問リハビリのやりがいは?

様々なケースがありますが病院と違いご利用者と関わる期間が長期に渡ることが多いです。ご利用者やご家族とより深い信頼関係が構築でき、「いつもありがとう」という感謝の言葉を頂けた時にやりがいを感じます。

ご利用者とのエピソードは?

約4年間、関わってきたご利用者がご逝去される1週間前に声を振り絞って「ありがとう」と手を握られたときのことは今でも忘れられません。

訪問理学療法士の特徴は?

訪問理学療法士の特徴は?

在宅でリハビリテーションを行うのでご利用者本人だけではなくご家族との関係性の構築も必要となってきますのでコミュニケーション力が大事になってくると思います。

一人の訪問でご利用者の自宅に訪問することは大変ですか?

初回訪問の場合はご利用者がどんな方なのか不安な部分があります。たまに様々な原因で自分を受け入れて頂けないケースもあるため大変な時もあります。

特別な教育や知識、技術は必要ですか?

病院、施設等での経験による知識、技術が必要と思います。また基本的には車で移動するため事故を起こさない様に車の運転技術が必要です。

医師との連携はどのように行いますか?

リハビリテーションを行っていく中でなかなか直接医師と連絡をとって対話することは難しいですが、ネット上で医療介護連携を支援する在宅医療システムを使って連携を図るケースもあります。

訪問理学療法士を目指す理学療法士に期待することは?

理学療法士として身体機能、ADLの向上を目指すことはもちろんですが、自宅で生活する中で生活機能面以外での悩みを持つご利用者も多くいらっしゃいます。解決困難なこともありますが共に悩み問題を解決しようとする姿勢が大切だと思います。

ご利用者やご家族とより深い信頼関係が構築できます。

ケアマネジャー 岡本 恵子 ご利用者の立場にたったご提案を心がけています。

開閉

ケアマネジャーになった理由は?

介護職を続けて16年経ちます。前職場では施設入所されているご利用者のサービスの調整を担当しておりました。ケアマネジャーや各事業所との調整を行っているうちに、もっと介護保険の事を学びたいという想いが強くなり、訪問ヘルパーを長く経験した事から在宅で生活されているご利用者の手助けとなりたかったので、居宅介護事業所を選択しました。

ケアマネジャーのやりがいとは?

ご利用者やご家族から、「会いたかったよー。何から何まですみません。ありがとう。」という言葉をいただくと、少しはお役に立てているのかなと思い自信につながります。

ご利用者とのエピソードは?

足先の壊疽で歩行困難となった高齢のご利用者が、脚を切断すれば命は助かったのに、そういう運命だからと最期まで自宅で過ごされ、主介護者の娘さんと訪問看護、訪問診療、福祉用具の支援で老衰で天寿を全うされました。控えめな性格の中にも1本芯が通っている女性で私からみても尊敬できる方でした。
訪問するといつもお茶を用意して下さり、娘さんが「おばあちゃんの年金で買った物です。おばあちゃんの気持ちなので受け取ってください」と言われ、ご挨拶するとニコッと笑顔を見せ「ありがとね」とおっしゃって下さったことが今でも忘れられません。

ケアマネジャーとしての心構えは?

ご利用者が自宅での生活を長く続けらるように、必要なサービスを提案し、各事業所との連携を図っていく仕事です。ケアマネジャーは指令塔という言葉を耳にしますが、まだまだ新米でそこまでの決断力は有りませんが、ご利用者の立場にたって、無理強いせず、その方のペースに合わせた提供が出来たらと思っています。ケアマネジャーは全然偉くありません。現場に入って直接支援して下さっている各事業所の方に感謝しながら、調整をとっていける仕事ができるようになりたいと思っています。

ご利用者の立場にたったご提案を心がけています。

Page Top